徒然なるままに日暮し。


by robo_tomy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

重い想い

生きてます。トミーです。

犬が、死にました。
久しぶりでいきなりこんな話題かよって感じですが、そこらへんはスルーしてください。

亡くなったのは我が家の飼い犬ではなく、近所の老犬です。
13、14歳くらいでしょうか。我が家の犬よりも、僕との付き合いは長いです。小学校入りたての僕と、駆けっことかしてたらしいですし。
で、物心つく頃には、すでに居たんですよね。僕の生活の中に。
現在は道路に面した駐車場の脇に彼の犬小屋があるんですが、昔は家の奥に小屋があって、まだ犬が怖かった僕は、びくびくしながら見に行ってた記憶があります。
で、我が家でも犬を飼い始めてからは、一緒に散歩に行ったりして。
ホント、素直で可愛いんですよね。うちの犬はひねくれてるんで、余計にそう感じました。
中学、高校、大学と、目の前の道路を通るたびに、別に僕が何をしたわけでもないのに、こっちを向くんですよ。
自転車なら、まだ分かるじゃないですか。顔も出してますし。
でも、大学入って、自動車で通うようになっても、こっちを見るんです。
それで、今日も用事で出かけて、帰りに通ったら、横たわって、口から泡吹いてて。
すごく不安になったけど、でも、そんなことはありえないって言い聞かせて、でもやっぱり不安で。
それで、もう一回見に行ったら、飼い主のおじさんと、僕の両親と飼い犬(両親には彼の様子がおかしいことを話した)がいて、それで、やっぱり死んじゃってて。
なんだか、もう何も考えられなくなりました。
まだ体も柔らかくて、少し体温が残ってて。ぐてっと寝てるだけで、また起きてきそうなんですよ。
でも、あのごわごわの毛をなでても、心臓の鼓動は感じられないし、お腹も動かないし。
死んでる、ってことを認識したら、すごく怖くなりました。
僕も、いつか死ぬ。
いつか、目の前の死が僕にも訪れる。
僕だけじゃない。うちの犬も、いつか死んでしまう。しかも、そう遠くない未来に。
普段は馬鹿なことばっかやってるうちの犬も、なにかただならぬ気配を察したのか、亡骸には近付こうとしませんでした。リードを引っ張っても、嫌だとでもいうかのように突っ張って。
野生の勘、ってやつですかね。

家族の一員ってわけでもないのに、日に一回見るか見ないか、その程度だったのに。
それでこんな気持ちになってしまうなら、もっと身近な誰かが死んだとき、僕はどうなってしまうんでしょう?
放心する? 泣き崩れる? それとも、何も変わらない?
どうなるでしょう。僕には分かりません。

彼は、苦しまずに逝けたのでしょうか。
母親が言うには、彼の亡骸は、百歳の婆様が亡くなったときと同じだそうです。
老衰で、病気になることも、呆けることもなかった彼は、まさに忠犬でした。

ご冥福を、お祈りいたします。ありがとう、ムイ。
[PR]
by robo_tomy | 2006-08-27 18:50 | 欝るんです