徒然なるままに日暮し。


by robo_tomy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2005年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

生活習慣病

サノバビッチ! どうも、トミーです。

さて、ついに来てしまいました。
不健康な生活をしているつもりはないのですが、いかんせん体型は不健康そのもの。いつガタが来るのかと一抹の不安を感じながら生きてきたわけなのですが。
本日、大学の保健管理センターなる場所から届いた通知。そこにはこう書かれていました。

心電図異常より、「左室肥大」の疑いがあります。よって10月某日に精密検査を行いますので大学付属病院までお越しください。

とまぁ、要約すればこんなこと。
まぁ、精密検査程度なら良しとしよう。そう思った僕は甘かった。カレーの王子様並に激甘でした。

検査内容  ・心電図 再検査
        ・問診
        ・説明
        ・採血

ええそうですか。あなた方、僕から血を抜きますか。
頭に浮かぶは若かりし日の思い出。
小学生時代、血液検査の採血で貧血起こしたってのは伊達じゃありませんよ?
ていうか、血が怖いのよ。冗談抜きで。 (((´д` )))ガクガクブルブル
少量なら問題ないんですけどね、だんだん多くなってくると……もうダメです。
心電図に異常がなくてもそっちが原因で入院しそうです。

あ、言い忘れましたけど、左室肥大ってそんな大層な問題じゃないそうです。大学の健康診断で毎年20人近く見つかるとか。ホントにやばくなるのはほとんどいないとのこと。

でも、ほとんどいないってことは少しはいるんだよな
[PR]
by robo_tomy | 2005-09-26 22:49 | ぐだぐだ

永久に

ちょっとまともな文章が書ける自信がありません。トミーです。

一応の完結を迎えました、ドラマ「電車男」。
あんなに夢中になって観たドラマも久しぶりです。
なんていうか、やっぱりいいですね。原作を知っているから、結果も分かっている。ということで安心して観ていられる面もありますし。
でも、それだけじゃなくて、ちゃんと視聴者をどきどきさせるような展開で。
原作にはなかった、脇役たちがかなり生きていたと思います。特に、途中から完全にギャグ要員に転身して見事成功を収めた桜井さん。彼無しではドラマ版電車男は語れないでしょう(笑)
脇役は主役を引き立たせるものだとはよく言いますが、危うく喰われるところでしたよ。電車のヲタっぷりがなければ主役の座を奪われていてもおかしくないですしね。
そして、ほぼ毎回一話完結の形を取ってきた宴も、ついに幕を下ろすときが来ました。
最終回の幕開け、掲示板の見返しで回想が始まったときは「種の悪夢再びか!?」と非常に焦りましたが、そんなの杞憂以外の何物でもなく、やっぱりナイスな桜井さんのおかげで話は進み、ほぼ原作どおりの終末を迎えました。
もうね、ホントに観ててエルメスたんが欲しくなりましたよ。長い人生、一度でいいからあんな恋愛をしてみたいものです。と語ってみる年齢=彼女いない暦の毒男。
正直な話、電車とエルメスのラブラブなシーンは観てて血を吐きそうになりましたけど、その後の電車の卒業式。告白で緩み、絡み(違)で締まりかけていた涙腺を再び刺激してくれるには十分な内容だったと思います。やっぱり、愛情もいいけどそれと同等、下手すればそれ以上に友情って奴も素晴らしいですよ。
出会いがあれば、いつか必ず別れは訪れる。それが性とはいえ、やっぱり別れは悲しいものですね。でも、別れがなくなれば出会いの貴重さも薄れるんだよなぁ……
で、一週間空けた後、「もう一つの最終回」ですか。まぁ、なんかこの終わり方微妙に歯切れが悪いような気がしましたし。とりあえずMr.ランエボ・桜井さんに愛の手をお願いします(笑)
まぁ、種の悪夢がよみがえらないことだけを願います。


そういや、ドラマ版ってエルメス視点で進むはずだったんだけど……ま、種死の主人公変更よりマシか。
[PR]
by robo_tomy | 2005-09-23 00:20 | ぐだぐだ
さーて、怒りがぶり返してきました。トミーです。

昨日の種死。なんですか、あれは。
一晩たってちょっと収まっていた理不尽さ――いや、これはもう呆れですね。それが某カノ氏のブログによって再燃。そしてこの文に至る。

いくら話が悪かろうが、いくら意味が分からなかろうが見続けてきたガンダムSEEDという作品を、昨日初めて見るのをやめようかと思いました。
だいたい、もうすぐ最終回ですよ? 寸前になって何をやっているんですか。
製作が間に合わなかった? そんなの製作者の怠慢でしかない。
クオリティを維持するためには止むを得なかった? 絵のために話を捨ててどうするんですか。
新規の視聴者のために、粗筋を流す必要があった? 最終回直前になって何を言ってるんですか。
死者を美化したかった? もっと別の手法があるだろ。

結局のところ、全ての悪いところが奇跡のコラボレーションを成し遂げた結果、種死はあんなことになってしまったのでしょう。
極論を言いますと。
僕のほうが面白い話を書ける自信がある。

「種死は嫁が書きたいと思ったシーンばかりを繋げたせいで話が滅茶苦茶になった」と、誰かが言っていました。
全くもってその通りだと思います。
あの物語、部分部分だけを取り出せば非常に面白いんですよね。
鬼神の如きインパルス、シンVSキラ、ストライクフリーダム出撃……
どれも、絵のクオリティと相まってすばらしいシーンでしたよ。
しかし、それを維持できていないのもまた事実。折角熱くなったところで、また下らない話を延々と続けられてどんどん萎える。
今思えば、僕もよく我慢してみてましたよ。

ですが、それも昨日で限界。ただ垂れ流すだけで、僕は画面を見てませんでした。
だって、携帯で2chの実況板見てるほうが面白いんですから。
エンディングテーマが流れ始めたとき、「ああ、やっと終わったよ」と思ったのは僕だけじゃないでしょう。

「ガンダム」というブランドだけでやっていけると思ったら大間違いです。
それに相応しい内容がなければ、それはただの世に蔓延する同人作品の一つでしかありません。実際、僕の友人は種を「同人ガンダム」と呼んでましたし。
まぁ、下手すれば同人にも劣りますけどね。こんなことやってるようじゃ。


最終回まであとわずか。
ここで如何にして盛り返すのか。せめてマイナスのまま終わるようなことだけは避けて欲しいですね。
[PR]
by robo_tomy | 2005-09-11 11:39 | ぐだぐだ
スタート3秒で折り畳み傘がお釈迦になりました。トミーです。

更新しなきゃしなきゃと思いつつ一週間以上が経過。そして明日提出の宿題から逃避するために書き始めるというこの馬鹿を誰か叱ってやってくださいorz

とまぁ、前フリはこんなとこで。
とりあえず凄いのは台風ですよね。幸か不幸か関東直撃はなかったんで、我が家は無事なのですが。
強風域には見事かかりました。もう帰り道が大変で。
誰かの陰謀すら感じられる向かい風。僕がヅラだったら頭を押さえ続けなければならなかったでしょう。……あくまで仮定ですよ?
帰り道、本屋に寄ろうかと思っていたのに雨が降り出しそうな雲行きのため断念。ていうか寄り道する気力もそがれる向かい風。
向かい風は、僕から全てを奪っていった!(誇張表現
ホント、無駄に疲れましたよ。
……え? 免許あるんだったら車使えって?
使いたくても使えないんだよコンチクショー。

そうそう、この書いていない間に発見した面白サイトというかスレ。
嫁より面白いデス種の脚本2
残念ながらその1は現在閲覧不可。しかしその2だけでも十分面白いのでぜひご覧あれ。
[PR]
by robo_tomy | 2005-09-07 23:44 | ぐだぐだ