徒然なるままに日暮し。


by robo_tomy
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

大往生

日焼けした首筋と腕がひりひりする。トミーです。


昨日、曾祖母が亡くなりました。94歳の、大往生でした。
今日の通夜で曾祖母の亡骸と面会したのですが、なぜか、辛くて。長く直視することができませんでした。理由は僕自身にも分かりません。

眠っている曾祖母の顔は、心なしか微笑んでいるようでした。
同居していた祖父たちの話によれば、曾祖母は最期になって、とてもいい顔をしていたそうです。

ああ、偉大だな、と。
もうすぐ終わるというのに、笑えるなんて。


正直、今の僕は死ぬことがとても怖いです。

死んだらどうなるんだろう。テレビの電源が切れるみたいに、すべてがぶつっと切れるのだろうか。何も感じられない、醒めることのない眠りのような感覚なのだろうか……

想像していくと、頭がおかしくなりそうです。臆病者でも何とでも思ってください。誰がなんといおうと、やはり死は恐怖の対象でしかありません。

それを目前にしたとき、果たして僕はどんな顔ができるだろう?

後悔など一つもなく、笑える? 恐怖のあまり、取り乱す? まぁ、それ以前に、そんなまともな死に方できるという保障もどこにもありませんが。

皆さんは、どうですか? 後ろめたいこと一つなく、胸を張って笑顔で死を受け入れることができますか?


曾祖母に、最後、一言だけ。

ごめん、明日の告別式は出られないけどこれだけは言っておきたいと思って。

大きいおばあちゃん、ありがとう。

[PR]
by robo_tomy | 2005-05-22 23:53

上から、82 69 90

これが僕のスリーサイズ。トミーです。

さて、今日は書くようなネタも特にないので(ヲイ)、ネタとしか思えなかった僕の身体測定の結果でも書きましょうか。ホントネタですよ。笑うしかないってやつです。

まず身長。178センチジャストで去年より縮んでました。

体重 56kg
体脂肪率 8.5%
肥満度 -19.7%

で、体脂肪計がまたハイテクなやつで。体の各部位の体脂肪率まで計算してくれたんですね。そしたら、

右足 体脂肪率 10.3%
    脂肪量 1.1kg

左足 体脂肪率 9.8&
    脂肪量 1.0kg

右腕 体脂肪率 4.4%
    脂肪量 0.1kg

左腕 体脂肪率 5.5%
    脂肪量 0.2kg

体幹部 体脂肪率 8.3%
      脂肪量 2.4kg


ええ、僕の右腕には100gの脂肪。肉屋の店頭に並ぶ豚肉にも劣ります。

この結果を見てさすがに体重増やさないと逆に不健康だよなぁと思ったのは言うまでもありません。
[PR]
by robo_tomy | 2005-05-11 00:03

ツバサ

なんかテンションがあがらない。別に五月病ってわけではないですが。トミーです。

ふと、頭に浮かんだんですよ。

このままでいいのかな、って。

結果として、僕は現役で大学に受かってぶっちゃけた話何一つ不自由ない生活を送ってるわけですよ。客観的には何の問題もない、平和で幸せな生活を。

でも、主観的に見たらどうでしょうね?

欠けてるんですよ。大切なものが。
もしかしたら僕は、去年一年間、そのありもしないものの幻影を追いかけながら受験生をやっていたのかもしれません。

要は、大義名分だったんですよ。

僕にはこれこれこういう目標、夢がある。だからあそこを目指す。ならばこういう風に勉強しないと……
少なくとも、偽モノだろうがなんだろうが、目標がありさえすれば道筋は見極めやすいですからね。ピッチャーの投げてくる球種が分かれば打ち易いのと一緒です。

偽りで己を鼓舞させて、何とか結果は得られた。

だけど、その後はどうすればいい?


結果を得た先に待っていたのは、結果を得るための過程でした。
変わらないんですよ、同じなんですよ。


……僕の通う大学、自殺者が多いことで有名だそうです。
決して自殺を肯定するわけではありませんが、なんとなく、その気持ちは分かるような気がします。
僕は運よく自宅通学であったので、周りには家族がいます。ですが、これが寮やアパートでの一人暮らしだったらどうでしょう?
自殺とはいかずとも、理由もなく憂鬱で何事にもやる気が起きずに部屋の片隅で体育座りするのは確実でしょう。実際、昨年同じことがありましたから。

あの時は、もう何も分からなくて、分かる気にもならなくて、本当に気分が沈んでて。
自分の部屋で、膝を抱えて座り込んでました。
そんなことして楽になるわけじゃないのに、苦しいのはずっと苦しいままなのに。
でも、他人に心配かけたくない、いや、そうなるのが面倒くさいからそんな感情は他人の前では絶対に表に出さない。だから余計に辛くなって。

もともと僕は結構感情の起伏が激しくて、沈むときはホントに沈みますし、浮かれるときは馬鹿みたいに浮かれます。なるべく自分でも意識して抑えるようにはしているんですが。

死にたくなったときもありましたよ。正直。何もかもが面倒くさくて。

でも結局、こうやって生きてる。

僕は、ちょっと極端なんですけど、死を重大かつ神聖視しているようなところがあるんですよね。
実際、僕の書いた小説ではまず死人は出ません。殺せないんですよ。それがたとえ架空の話であっても。
たぶん、まだ葬式にすら参加したことない僕に死を描く資格なんかない。なんて自分勝手な考えに縛られてるんでしょうね。固定観念っていうか。

====

流れる雲に 明日を誓えど

置いてかれてる 不安はよぎる

その度君を 君の言葉を

思い返して 涙集め声枯らす

====

アンダーグラフ『ツバサ』の一節です。
この歌詞を聴いたとき、ホントに効きましたね。
友達はみんな夢を見つけて独り立ちして、でも僕はまだできずにいて……
自分、このままじゃ絶対ダメだなぁ……と。


最近、自虐的思考に陥りやすいトミーの自己中的独白でした。
[PR]
by robo_tomy | 2005-05-05 23:39

MyPCからコンニチワ

世界の中心でキタ―――――(゜∀゜)――――――!!を叫びたいお年頃、トミーです。

さて、僕にもついに念願の専用機が手に入りました。赤くないし角生えてないし三倍でもありませんが。しかし僕専用機です。
とりあえずコストパフォーマンス重視で、17インチ液晶つけて10万ちょい。しかし性能的には十分です。この文章も新型専用機で書いています。つーか、これが最初になるわけですな。このマシンで書く文章。こんなんでいいのかね?(笑

で、明日は一日出かけることになりそうなのでやれるのは帰ってきてから。結構夜遅くなってしまいそうです。
とりあえず、いつも顔出してるEELSの皆さんのところに挨拶回りして、それからマターリといろいろやりたいなと。小説書いたりゲーム作ったりオンラインしたり。


ま、兎にも角にもこれでぐっと僕の引きこもり度数が上がったのは間違いないわけで(ぉ
とりあえずこのまま部屋から出られないという事態にだけはならないよう善処したいと思います。終わり。
[PR]
by robo_tomy | 2005-05-03 22:32