徒然なるままに日暮し。


by robo_tomy
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

4連休の終末に

男って一般的に甘いものが嫌いって認識なのでしょうか。トミーです。

どうも、妹がスイーツ(笑)予備軍っぽいです。
以下、妹(高校生)と僕の会話。

妹「お兄ちゃん、○○(レンタルビデオ屋)連れてって」
僕「え、なんで?」
妹「行きたいから」
僕「いやでも、この前借りてきたのあるじゃん。返しに行くの?」
妹「いや、行きたいだけ」
僕「( ゚A゚)……だったら帰り道寄ってくればいいのに」(妹の帰り道沿いにある店)
妹「嫌ならいいよ」
僕「( ゚A゚)……」

なんというか、基本的に僕は足になって当然って考え方なんですよね。
そりゃ、車運転できる暇人なんてうちじゃ僕だけですし。使いたくなるのは分かりますよ。
でもねぇ…ふとした思い付きに自分の時間割いてやれるほどお人好しでもないわけで。
ついでに言うとこのとき既に時計は18時を回ってまして。

どうもうちの妹たちはそこらへんの認識が甘いように思われます。
上の妹(18)は、バイト先への移動を完全に親か僕に依存してますし。しかもそれが帰りは深夜とかになるから困る。さすがにその時間に僕が出ることはありませんが、少しは親の負担も考えろと……

そういう自分本位な、自分の都合のために他人が動くことを当然と考えてしまうことから、馬鹿な自分至上主義≒スイーツ(笑)のような人間になってしまうのではないかと思えてならない今日この頃。

そもそも、他人の都合のために言葉もなく動くことができるってのが日本人の美徳ではないでしょうか。「空気を読み」、それが時より「お節介」となる……それがどうでしょう。
空気を読めない、というよりも読まないことが笑いの種となり、それをギャグだと、黒いジョークなのだと理解できない者たちがそれを是とする。
他人が自分のために何かしてくれるのは、植物が酸素を吐き出すかの如く当然のことであり、自分はその恩恵だけ受けていればいい。誰かに還元しようなどとは思いつきもせず、「思いやり」の連鎖はそこで途切れてしまう……
「思いやり予算」なんてものは取っ払ってもいいんじゃないかと思いますが、人の間での思いやりだけは取っ払ってはならないと思います。


自分が今から他人にしようとしていることを、実際に自分がされたらどう思うか……
そんな、幼児に教育するようなことを考えられるだけで、世の中はもうちょっと温かくなるのではないでしょうか。
[PR]
by robo_tomy | 2007-12-18 18:39 | ぐだぐだ