徒然なるままに日暮し。


by robo_tomy
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

第二波、来ます!

サンライズに必要だったもの、嫁補正キャンセラー。トミーです。

履歴書を買いに、大学の書籍部に行きました。ええ、あそこです。

例の本が平積みという悪夢は終わりを告げ、教科書や文庫本を買うなど安心して利用できる環境が整いつつあった会館前書籍部。
しかしそれは、嵐の前の静けさに過ぎなかった……

( ´д`)「履歴書……あったあった。100円と200円のがあるな……100円のでいいや」

富井、レジへ。

(゜ー゜)「いらっしゃいませー」

( ´д`)「これ、お願いします」

(゜ー゜)「94円になりまーす」

( ´д`)(あ、一割引か。ラッキーw)

(゜ー゜)「6円のお返しです。ありがとうございましたー」

( ´д`)(さて、逝くか……ん?)


(つд⊂)ゴシゴシ


(; ゚ д ゚ )


(つд⊂)ゴシゴシ

 _, ._

(;゚ Д ゚ ) …?!


d0016534_2334763.jpg

フリーペーパー アキバ通

(; ´ー`)


――悪夢、再び。


( ´д`)(これは……なんて美味しすぎるネタなんだッ……!)

( ´д`)(持って帰るか、いやしかし、周囲の目がッ……)

レジに向かってくるおばさん、焦る富井。

( ´д`)(くそッ、時間がない……!)

そして富井のとった行動とは!?




そのまま立ち去りましたとさ。ええ、臆病者ですよ。
[PR]
by robo_tomy | 2005-10-21 23:13 | ぐだぐだ