徒然なるままに日暮し。


by robo_tomy
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

負債はさっさと処理しましょう。

さーて、怒りがぶり返してきました。トミーです。

昨日の種死。なんですか、あれは。
一晩たってちょっと収まっていた理不尽さ――いや、これはもう呆れですね。それが某カノ氏のブログによって再燃。そしてこの文に至る。

いくら話が悪かろうが、いくら意味が分からなかろうが見続けてきたガンダムSEEDという作品を、昨日初めて見るのをやめようかと思いました。
だいたい、もうすぐ最終回ですよ? 寸前になって何をやっているんですか。
製作が間に合わなかった? そんなの製作者の怠慢でしかない。
クオリティを維持するためには止むを得なかった? 絵のために話を捨ててどうするんですか。
新規の視聴者のために、粗筋を流す必要があった? 最終回直前になって何を言ってるんですか。
死者を美化したかった? もっと別の手法があるだろ。

結局のところ、全ての悪いところが奇跡のコラボレーションを成し遂げた結果、種死はあんなことになってしまったのでしょう。
極論を言いますと。
僕のほうが面白い話を書ける自信がある。

「種死は嫁が書きたいと思ったシーンばかりを繋げたせいで話が滅茶苦茶になった」と、誰かが言っていました。
全くもってその通りだと思います。
あの物語、部分部分だけを取り出せば非常に面白いんですよね。
鬼神の如きインパルス、シンVSキラ、ストライクフリーダム出撃……
どれも、絵のクオリティと相まってすばらしいシーンでしたよ。
しかし、それを維持できていないのもまた事実。折角熱くなったところで、また下らない話を延々と続けられてどんどん萎える。
今思えば、僕もよく我慢してみてましたよ。

ですが、それも昨日で限界。ただ垂れ流すだけで、僕は画面を見てませんでした。
だって、携帯で2chの実況板見てるほうが面白いんですから。
エンディングテーマが流れ始めたとき、「ああ、やっと終わったよ」と思ったのは僕だけじゃないでしょう。

「ガンダム」というブランドだけでやっていけると思ったら大間違いです。
それに相応しい内容がなければ、それはただの世に蔓延する同人作品の一つでしかありません。実際、僕の友人は種を「同人ガンダム」と呼んでましたし。
まぁ、下手すれば同人にも劣りますけどね。こんなことやってるようじゃ。


最終回まであとわずか。
ここで如何にして盛り返すのか。せめてマイナスのまま終わるようなことだけは避けて欲しいですね。
[PR]
by robo_tomy | 2005-09-11 11:39 | ぐだぐだ